スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「裁判員裁判は違憲」と控訴=覚せい剤事件の被告側-東京高裁(時事通信)

 覚せい剤を密輸したとして、千葉地裁の裁判員裁判で実刑判決を受けたフィリピン国籍の女性被告の弁護側が、「裁判員裁判は違憲」と主張して東京高裁に控訴したことが16日、分かった。公判前に同制度を違憲として裁判官のみの審理を求めたケースはあるが、違憲を理由とした控訴は全国初とみられる。
 被告は無職パークス・レメディオス・ピノ被告(44)。一審で無罪を主張したが、千葉地裁は1月、覚せい剤約2キロをマレーシアから日本に持ち込んだと認定し、懲役9年、罰金400万円を言い渡した。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物~密輸、栽培の実態~
全面否認の男に懲役18年求刑=女性殺害、裁判員裁判

道路に赤線、意味わかる?(読売新聞)
鳩山邦夫氏 自民党に離党届を提出(毎日新聞)
プリウス事故「ブレーキ不具合なし」と千葉県警(読売新聞)
長谷川等伯展 1万3553人が訪れ、長蛇の列 東京(毎日新聞)
【WEB人】ITジャーナリスト兼コンサルタント・林信行さん(42)(産経新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ミスターひでひこいながき

Author:ミスターひでひこいながき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。