スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<人事>最高裁(28日)(毎日新聞)

 最高裁(28日)東京高裁部総括判事(札幌地裁所長)梅津和宏▽札幌地裁所長(釧路地・家裁所長)斎藤隆▽釧路地・家裁所長(東京高裁判事)佐久間邦夫

 退職(東京高裁部総括判事)柳田幸三

小沢氏起訴相当 再捜査、検察に壁 聴取に時間、新証拠難しく(産経新聞)
3月16日:人民元対米ドルレート基準値、6.8263元
5月に老健整備事業の説明会―東京都(医療介護CBニュース)
<猿橋賞>奈良先端科学技術大学院大の高橋淑子教授が受賞(毎日新聞)
宮崎さらに2頭が口蹄疫、乳牛50頭処分へ(読売新聞)

「iPadキラー」となるか 欧州で「WePad」注目(産経新聞)

 米アップル社が今月、米国で発売した新型携帯情報端末「iPad(アイパッド)」が、初日に30万台超を販売する人気をみせているが、欧州市場で「アイパッドキラー」として注目されている端末がある。ドイツメーカーが開発した「WePad(ウィーパッド)」だ。アイパッドの市場独占を阻止できるか-。

 ウィーパッドは、電子出版システムなどを手がけるドイツの「Neofonie」が開発。OSは、グーグルのアンドロイドを採用。アイパッドより若干大きめの11・6インチのディスプレーで、重さも800グラムだが、アイパッドにはないカメラも搭載されている。

 最大の違いはコンテンツの受け入れ体制だ。アップル向けコンテンツの公開が事前チェック制なのに対し、ウィーパッドは「自由」とし、コンテンツメーカーが作品を供給しやすくなっている。

 ドイツ国内での発売は、今年8月を予定。米紙ワシントン・ポスト電子版などによると、すでに欧州の大手出版社「Gruner+Jahr」がウィーパッドへの雑誌コンテンツの提供計画を決めているとされ、前評判は上々だ。(三塚聖平)

【関連記事】
「次世代iPhoneは6月22日発表」のうわさ
iPadは「反革命的」商品? 世界主要メディアの反応
iPad日本発売延期 「熱気冷めなければ…」「ソフト作り込める」
草木もなびくiPad ゲーム各社、狙うは二匹目のどじょう
タッチスクリーンPC、2015年には15歳未満の半数に浸透

歩道を暴走のクルマ、歩行者を次々にはねる…薬物中毒か(レスポンス)
羽生が2連勝=将棋名人戦(時事通信)
自民・舛添氏が新党検討=荒井氏らに参加呼び掛け(時事通信)
<帯広市長選>石川知裕議員と故中川昭一氏夫人が積極的動き(毎日新聞)
交番巡査長が拾得物を横領=1500円入り財布、容疑で逮捕-兵庫県警(時事通信)

埼玉の山中に大量のペットの死骸 野焼きもしていた元町議が捨てた理由とは‥(産経新聞)

 【衝撃事件の核心】

 急斜面に沿って約1キロの範囲に捨てられていた約180匹の犬猫の死骸(しがい)。服を身につけたり、耳にリボン飾りを付けた犬たちは、本来なら手厚く弔われるはずだった。埼玉県飯能市の正丸峠付近に犬の死骸を捨てたとして逮捕されたのは、同県三芳町藤久保の元同町議でペット火葬業「花園ペット祭典」経営、阿部忍容疑者(71)。「悪いと思いながらやってしまった」。こう供述しているものの、飼い主やペットの無念さが消えることはない。

 ■カラスについばまれ…容易でない飼い主の特定

 東京都内のペットサロン関係者から埼玉県警飯能署に「犬の死骸が大量に捨てられている」と相談が寄せられたのは2月下旬。現場は「地元の人でもめったに行かない」(県警幹部)という飯能市坂元の正丸トンネル手前の旧道を入ったところで、夜は物音一つしない漆黒の闇に包まれる寂しい場所だ。

 笹が生い茂る急な斜面で危険なため、県警は3月26日、機動隊を出動させた上で、黒色のポリ袋などに入った約80匹の犬猫の死骸を回収した。同月31日の2度目の捜索では、17匹の犬の死骸を見つけた。

 回収された約100匹の死骸の半分以上がマルチーズやシベリアンハスキーなどの純血種で毛並みもよかったことなどから、県警では捨てられたのがペットとみて捜査を進めていた。

 しかし、血統や出生を示すマイクロチップが埋め込まれていなかったり、腐敗してカラスについばまれるなどしていたため、飼い主の特定は容易ではなかった。 

 そうした中、県警が着目したのが、小型犬「パピオン」を包んでいた白いタオルだった。

 そこには自治会の名前が書かれており、タオルが配布された地域が埼玉県川口市内であることを突き止めた。さらに捜査を進め、飼い主の無職女性(80)を探し当てた。

 女性は実際に、急死したペットの葬儀を阿部容疑者に依頼し、代金1万8千円を支払っていた。

 阿部容疑者は3月19日、黒色のワゴン車に乗って黒いスーツ姿で女性宅を訪れ、車内に設置した祭壇に線香を立てて犬を安置。カセットテープで約10~15分間お経を流して供養した。火葬する約束で犬を引き取り、翌20日、骨壺に入った骨を女性に返していた。

 ■別の犬の骨を渡し…冷蔵庫の中からも犬の死骸

 飼い主の特定に加え、県警では3月末に24時間態勢で現場に設置していた監視カメラの画像を解析。カメラには、阿部容疑者のものらしき黒色のワゴン車が写っていた。

 こうして内偵捜査を進めてきた県警は4月7日、川口市の無職女性の犬の死骸を山中に遺棄した廃棄物処理法違反容疑で阿部容疑者を逮捕。翌8日には、他の犬16匹の死骸を捨てた容疑も加えて、さいたま地検川越支部に送検した。

 阿部容疑者は県警の調べに対し、「悪いと思いながらやってしまった」と供述。パピオンの飼い主の女性に渡した骨については、「別の犬の骨を骨壺に入れて渡した」と明かした。ほかの16匹の犬の死骸の遺棄容疑についても認めているという。

 県警は阿部容疑者の逮捕後、正丸峠付近を飯能市とも協力して3度目の捜索を行った。その結果、動物のものとみられる約80匹分の頭蓋骨(ずがいこつ)を回収した。

 阿部容疑者の自宅や車への家宅捜索では、死骸を包んでいたのと同じ種類の黒色のポリ袋数束や、100人以上の顧客の名前や住所が書かれた大学ノート数冊が押収された。ノートには各顧客への骨の返還についてもメモされていた。

 さらに、骨壺や粉状になった動物のものとみられる骨があったほか、室外に置かれた冷蔵庫の中にも数匹の犬の死骸が入っていたという。

 県警によると、阿部容疑者がペット葬儀業を始めたのは、約13年前。仏壇を積んだワゴン車で顧客宅に出向く「出張葬儀」とされる業務形態で、葬儀料はペットの大きさなどによって変えていた。

 小型犬なら約1万円、大型犬なら約2万円、猫なら約8千円。飼い主が火葬に立ち会う場合は「スペシャルコース」で約6万円だった。

 阿部容疑者がタウンページに掲載したり、自宅近くの電柱に張り出していた広告には、「まごころで奉仕します」「お取引から納骨・霊園まで」「つつがない旅路のお手伝いをさせていただきます」といった宣伝文句が掲載されていた。

 ■早朝に遺棄…「カネを浮かすため」

 ペット葬儀は電話で年中無休、24時間態勢で受付を行っていた。死骸を遺棄するのは主に早朝で、その後、葬儀業に戻るという生活。県警では、県内全域や都内に顧客がいたとみている。

 手広く商売をする半面、ペット専用の火葬炉を持っていなかったという阿部容疑者。このため、火葬をする場合は、火葬炉を持つ知り合いの業者に依頼していた。

 ペットを火葬しないまま捨てた理由については、「火葬には費用がかかり、手元に残るのは1000円程度。カネを浮かしたかった」と供述しているという。

 阿部容疑者は昭和58年に三芳町議に初当選後、落選期間を挟み3期12年に渡って同町議を務めていた。ところが、任期中でペット葬儀業を本格的に始める前にも、自宅近くの他人の畑で動物を野焼きする姿が目撃されていた。

 三芳町によると、市民から動物の野焼きの苦情を受けた当時の議員が平成5年9月、議会に阿部容疑者の辞職勧告決議案を提出。可決されたものの、同容疑者は辞職せず、「地域社会への配慮を欠いた上、議会の品位を失墜させた責任は大きく、反省している。今後、このようなことを起こした場合は、議員を辞職する」と謝罪したという。

 三芳町によると、阿部容疑者は同年4月から辞職勧告決議が可決されるまで、狂犬病予防で飼い犬の行政への登録などを管轄する町議会の厚生常任委員会(当時)の委員長だった。

 ■「10年前から捨てていた」…詐欺罪での立件も視野

 逮捕された後は留置場でおとなしく過ごしているという阿部容疑者だが、事件に対する世間の反響は大きい。

 阿部容疑者宅の近くの住民で、過去に同容疑者にペット火葬を依頼したという主婦(44)は「火葬する約束だったのに、その後、『無事に終わった』といわれただけで、位牌(いはい)も骨壺もない。ちゃんと成仏してくれればいいけど」とうつむいた。別の主婦(50)は「近所で動物の死骸を焼いているという話は聞いたことがあった。本当に気持ち悪い」とまゆをひそめた。

 県警には市民から「自分の飼い犬も事件に巻き込まれたのではないか」といった問い合わせが殺到しているという。

 飯能署に最初に相談したペットサロンの関係者は阿部容疑者の逮捕を受け、「これでペットの飼い主が判明すると思うので、あの子たちの冥福(めいふく)を祈るとともに、(これまで法律による規定がなかった)ペットの火葬に関して法令改革に向けて動くことを望んでいる。これは氷山の一角にすぎないと思う」と話した。

 阿部容疑者は県警の調べに対し、「約10年前から犬の死骸を捨てていた」と供述しているという。県警では、こうした供述や新たに山中から見つかった犬などの死骸が白骨化していることから、阿部容疑者が長年にわたって継続的にペットの死骸を遺棄していたとみて、裏付け捜査を急いでいる。

 また、県警では阿部容疑者が「火葬する」と飼い主に約束しておきながら、実際にはペットを火葬しないまま死骸を捨て、葬儀代をだまし取っていた可能性もあるとみて、詐欺罪での立件を視野に捜査を進めている。

【関連記事】
業者が継続的に遺棄か 山中の犬100匹死骸遺棄 飯能
犬の遺体100匹捨てる? ペット葬儀業者を逮捕 埼玉県警
家宅捜索で冷蔵庫から犬の死骸 詐欺罪での立件視野 
ペット葬儀への対応検討 犬猫大量遺棄で環境相
「犬を飼う人は悪い人じゃない」と殺害断念
外国人地方参政権問題に一石

イチゴ畑でミツバチ盗難続発=不足で価格上昇、転売目的? -頭抱える農家・静岡など(時事通信)
日本から韓国へ鯨肉密輸? =米研究者ら調査チームが指摘(時事通信)
分権推進へ連携=舛添、東国原氏が会談(時事通信)
エア・ドゥ機が羽田引き返し=異常表示で右エンジン停止(時事通信)
コンテナ収納を再開=ISS滞在の山崎さん、アームを操作(時事通信)

知的障害児施設で虐待、身体拘束など441件(読売新聞)

 大阪市城東区の社会福祉法人「大阪福祉事業財団」が運営する知的障害児施設「すみれ愛育館」で2005年4月~09年10月、職員が入所者に対し、顔面を殴るなどの虐待や、要件を満たさない身体拘束など児童福祉法に違反する行為を計441件繰り返していたことが、市の監査でわかった。

 けが人もあり、市は「行き過ぎた行為があった」として3月下旬、同法に基づいて施設に是正指導を行った。

 同財団の理事は「故意ではなかったが、大変申し訳ない」と話している。

<JR不採用>和解金1人2200万円 政府が4党に提示(毎日新聞)
小中学校 市町村に教員人事権 文科省、移譲認める(産経新聞)
市川市、採用で学歴枠復活…年齢構成を調整(読売新聞)
大阪・住之江で路上強盗(産経新聞)
外交・安保公約で検討チーム=民主(時事通信)

踏切信号故障?JR遅れ5万人近い影響 京都・大阪(産経新聞)

 12日午前5時55分ごろ、JR西日本新大阪総合指令所が、京都府京田辺市薪加賀ノ辻のJR片町線(学研都市線)大住~京田辺駅間にある八幡踏切で異常を示す信号が出ているのを確認。踏切を通過する電車が徐行運転した。

 点検の結果、異常がなかったため、約30分後に通常運転を再開。このトラブルで、東海道本線と片町線で計36本が運休、計46本が最大1時間3分遅れ、約4万3千人に影響した。

【関連記事】
JR京浜東北線一時運転見合わせ、御徒町駅で女性けが
新幹線に接触し男性けが
橋げたに車接触?衝撃をセンサーが感知 JR阪和線で電車遅れる
「人が線路に転落!」実は靴…影響2万人超 JR大阪環状線
新幹線線路内に不審者 JR京都駅 30分間運転見合わせ
外国人地方参政権問題に一石

プロテカジンに逆流性食道炎の適応追加―大鵬薬品工業
「政官業」の癒着を一刀両断=竹光を手に宣言-鳩山首相(時事通信)
<ISS>山崎さんと野口さん初の共同作業(毎日新聞)
<高校生>日本は教科書好き…体験・発言は苦手です(毎日新聞)
「県外への機能移転」検討=北マリアナ諸島は否定的-平野官房長官(時事通信)
プロフィール

ミスターひでひこいながき

Author:ミスターひでひこいながき
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。